年金と税金 年金を受け取ったときには税金がかかってきます。公的年金にかかる税金の課税方法についてなのですが、年金の収入の金額から、公的年金の控除額を引いたものが所得金額として計算されるのです。具体的な計算方法としては、年金を受け取る年齢が65歳未満で、公的年金等の収入の合計の金額が70万円から1299999円までともなれば、割合は百%として控除額は70万円と言われています。計算方法は年齢やいくら合計額を受け取るのか等によっても違ってきます。 公的年金を受け取ると言う場合には、基本としては、収入の金額から、その年金によっては決められている控除額を引いて出てきた額に対して、5%を乗じて源泉徴収されることになっています。 年金関係の税金に関しては、色々と種類がありケースによって計算方法なども異なってきます。一例としては雑所得扱いになるケースや、本人が受け取る年金、遺族が受け取る年金などでも税金の計算の仕方などはことなってくるので、注意にして下さいね。 65歳以上で公的年金の収入を合計したときに3五十万円と言う場合には、雑所得3五十万円に、75%の税金をかけてそこから、3七五〇00円の控除額を引いた225000円というのが、公的年金にかかってくる雑所得の金額ということですね。 それぞれこのように、年齢によってはも違ってきますし、受け取った収入の金額によっても違ってくるのですので、国税庁などのホームページでも確認する事が出来るので、確認した上で税金を確定申告する事になりますねー